タバコや硬貨、電池など乳幼児は「まさか」と思うものでも口に持っていってしまう。今月15日、米ニューヨークのタイムズスクエアのすぐそば ...
睡眠薬など処方薬を繰り返し過量服用している患者の乱用を防ぐため、お薬手帳を活用した病院薬剤師と薬局薬剤師の情報共有が有効である可能性が、厚生労働科学研究班「薬物乱用・依存状況等のモニタリング調査と薬物依存症者・家族に対する回復支援 ...
千葉大学病院認知行動療法センター 清水栄司教授、千葉大学大学院医学研究院 佐藤大介特任研究員らの研究グループは、睡眠薬服用後も不眠症 ...
睡眠障害の一種である不眠症で夜眠れず睡眠薬を服薬している高齢者も少なくありません。布団に入ってもなかなか眠りにつかない、眠りが浅い、夜中に目が覚める、日中の激しい眠気などが分りやすい睡眠障害の症状です。中には充実した睡眠を取れる ...
... 睡眠は減るので、バソプレッシンには一種の睡眠の若返り効果があるように見え、不眠症治療薬として期待された。ところが、朝起きた高齢 ...
なぜ発達障害の「日中の眠気」は頑固なのか? 例えば、ADHDでは多動や衝動性、注意欠陥などの中心的な症状については一定の効果が期待できる治療薬がある。夜間の不眠に対しても睡眠習慣の指導を行った上で、どうしても必要であれば睡眠薬や鎮静剤を ...
最初の大学受験は試験中に寝てしまい、ほとんど真っ白の解答用紙を出しました。「これ以上、失敗を重ねられない」と、通院して睡眠薬を服用し、翌年は合格。自由に時間を使える大学時代は、不眠症を忘れたように過ごせました。「でも、卒業して働き ...
認知機能低下 別の病気かも 認知機能の低下は、認知症の発症によってのみ起きるわけではない。睡眠薬や胃薬などによる場合があるほか、梅毒などの感染症や、ビタミンB12や葉酸の欠乏、脳の髄液がたまる正常圧水頭症も原因になり得る。「薬を ...
まくらぼでは、睡眠の質が向上することで、薬や病院に頼らない健康な方が増え、予防医学中心の社会を目指すことができると考えています。「
睡眠の大切さが身にしみます。睡眠薬などに頼らずとも、生活習慣を見直すことで睡眠時間を十分確保でき、睡眠の質も向上するのです」 ちなみ ...
睡眠薬でも効かない人はいます。自分に合ったものを選ぶことが大事です。 今はネット上にも睡眠情報に関するいいサイトがたくさんあります。