1. 人工股関節手術 THA

    www.spacelan.ne.jp/~tkct/lesion06.htmTranslate this page

    人工股関節手術(股関節の人工関節による手術治療で、人工股関節形成術 THA, 人工股関節置換術 THRともいわれる)とMIS人工股関節手術(最小侵襲手術、極小侵襲手術)について詳しく説明します。

  2. 辻整形外科クリニック -人工関節 (THA・TKA)と臼蓋形成不全 …

    Search results for 直視下人工股関節形成術 by Live Search (1) Search results for 人工股関節前方侵入 by Metcha Search (1) Search results for 人工股関節 MITHA by ceek (1) Search results for 人工股関節 MITHA by The Search(1) ...

  3. MIS人工股関節手術 MITHA - 辻整形外科クリニック -人工関節

    www.thosp.com/mistha.htmTranslate this page

    ... り、今後、日本でも全国の病院でこの方法が使われていくようになると考えています。直視下のMIS最小侵襲人工股関節手術はほぼ100%ほとんど全例の患者さんに行うことができます。 (人工股関節手術自体ついての詳しい説明は ...

  4. 整形外科・手術について/滋賀県立成人病センター

    www.pref.shiga.lg.jp/e/seijin/shinryoubumon/shinryouka/...Translate this page

    関節軟骨が残っている場合には臼蓋形成術や寛骨臼回転骨切り術など自分の骨を残す手術が主体となってきます。20歳までの若い人はそれ以上の年齢と比較して臼蓋形成術(棚 形成術)において良い長期成績が得られることが 図1 臼蓋 ...

  5. 股関節班|東京慈恵会医科大学 整形外科学講座

    jikeiseikei.com/orthopedics/groin/index.htmlTranslate this page

    実際の手術では骨の全容を直視下におくことはできず、骨の一部のみを見ながら手術を行うことになるため、この石膏モデルを参考にして骨の3次元形態をイメージすることに役立てます。骨切りの位置、方向、骨片移動、2種類の固定 ...

  6. 最新のMIS最小侵襲人工股関節手術 (日本で最初の実際の手術 …

    www.spacelan.ne.jp/~tkct/lesion07-2.htmTranslate this page

    ... り、今後、日本でも全国の病院でこの方法が使われていくようになると考えています。直視下のMIS最小侵襲人工股関節手術はほぼ100%ほとんど全例の患者さんに行うことができます。 BACK NEXT サイトマップ HOME(国内→ ...

  7. 肩関節の疾患と鏡視下手術|船橋整形外科病院

    www.fff.or.jp/seikei/sportsmedical_center/shoulder01.htmlTranslate this page

    従来あるいは現在でも多くの施設で直視下法(メスで大きく切開して行う手術)が行われていますが、当センターではすべて関節鏡視下に手術を行っています。従来、直視下法は術後再脱臼率が低いですが(概ね5%以下)、手術創の ...

  8. 肘関節の疾患と鏡視下手術|船橋整形外科病院

    www.fff.or.jp/seikei/sportsmedical_center/elbow01.htmlTranslate this page

    症状が強く頑固な場合は、関節鏡視下に余剰骨や遊離体を取り除きます(鏡視下肘関節形成術)。 投球障害肘 頻発年齢15~30才 内側型野球肘のなれの果てであることが多いですが、肩甲帯や体幹、股関節が上手に使えない状態で ...

  9. www.rheuma-net.or.jp/rheuma/rm400/library/pdf/guideline9...

    切除術にはあまり確認されておらず,術後2年で約20%の例が進行を示し,術後5年を過ぎると約60%の症例でX線学的進行がみられるとされる〔9-8,9-13,9-14〕。しかし術後のOA変化は直視下滑膜切除術よりも遅れるとの報告も

  10. 人工股関節置換術

    sanaiseikeigeka.web.fc2.com/MISE/THA.htmlTranslate this page

    手術には、関節鏡視下手術と通常手術(直視下手術)があり、関節鏡視下手術の方が低侵襲で、手術後の痛みが少ないので、普及してきていますが、大きな断裂では直視下手術を選択することもあります。どちらの手術も、手術後は ...