Up Next
0
全日空機、着陸時に損傷 けが人なし、調査官派遣
20日午後1時20分ごろ、北京発の全日空956便ボーイング767(乗客乗員193人)が、成田空港への着陸時に大きく揺れ、着地の際の衝撃で胴体の一部を損傷した。乗客乗員にけがはなかった。着陸後に機体を点検していた整備士が損傷を発見。両主翼前方の胴体側面が波打つように変形していた。 詳細記事 http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012062001001988.html
Share
全日空機、着陸時に損傷 けが人なし、調査官派遣
20日午後1時20分ごろ、北京発の全日空956便ボーイング767(乗客乗員193人)が、成田空港への着陸時に大きく揺れ、着地の際の衝撃で胴体の一部を損傷した。乗客乗員にけがはなかった。着陸後に機体を点検していた整備士が損傷を発見。両主翼前方の胴体側面が波打つように変形していた。 詳細記事 http://www.47news.jp/CN/201206/CN2012062001001988.html
Date: 6/22/12
Views: 7691
Video by:  YouTube
 
Follow us:
Loading... 1 of 167
Today's Most Watched Videos
Related Videos
Loading... 1 of 56