ということで試してみました『CamCard Lite(名刺認識管理 日本語中国語韓国語』。有料版(992円)がありますが、まずは10枚まで試せる無料版をレッツトライ! アメリカ人上司から学ぶ、リモートワークでも部下と信頼関係を築く方法 ...
まずは「写真を撮る」を選んで名刺を撮影する そうした名刺にまつわる問題を、スマートフォンで解決してしまおうというのが「CamCard Lite」だ。
CNET12 日
その中でも、特にIT業界、スタートアップ・ベンチャー企業を中心に利用者が増加しており何かと話題になっているのが、「Wantedly People」と 「Eight」と「CamCard Lite」という3つのクラウドサービスです。 世の中に溢れる名刺管理サービスの中で、「結局どれが ...
BOXIL17 日
本項目では実際に名刺をどのように読み取るか、『CamCard』を例にご紹介します。 ①名刺をカメラで撮影する アプリ内のカメラボタンをタップするとカメラが起動。なるべく明るい場所で、名刺の正面から撮影する。 ②登録された情報を確認 文字が自動で ...
Appliv14 日
Sansan・CAMCARD・メイシーの基本情報を比較 ボクシルでは、実際にサービスを利用した方からの評価や口コミを一覧で比較できます。 3サービスの資料を無料DL Sansanは、社内全体で名刺管理・共有をするできるため、自分が名刺交換をしていなくても社内の人材 ...
BOXIL21 日
CamCard Businessでは共有機能も実装、顧客情報の全社共有も可能となり、営業スピード向上、営業機会の最大化を支援します ...
法人向けクラウド型ソリューションサービス「Wonder Cloud Works」を提供するワウテック株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長:瀬沼 ...
マイナビニュースは100以上のカテゴリが毎日更新される総合情報ニュースサイトです。ビジネス、デジタル ...
CamCard Businessとは、社員の個人所有となっていた名刺をデータ化するサービスです。名刺情報をクラウド上で管理することにより情報漏洩防止や営業活動の管理にも繋がります。 当該ソリューションは、SSP認定企業からのサービス内容をもとに、当ホーム ...
印刷ページの表示はログインが必要です。 最近、南鳥島のレアアース資源の報道がかまびすしい。科学技術庁傘下の海洋研究開発機構(海洋機構 ...
JR東海が2020年度からの投入を予定している東海道・山陽新幹線の次世代車両「N700S」。昨年6月に導入が発表された際にはまだ決まっていなかった ...